トップ>ひざの痛み

ひざの痛み

ひざの痛みは多種多様

膝の痛みには多くのものがあります。
ケガの部分にはスポーツで起きることが多いので、スポーツ障害のところを御覧ください。
 

膝に水がたまる(水腫)

よく膝に水がたまって痛くなる人がいます。
これは、膝という人間にとって多く使う関節の周りにある滑液胞や関節胞といわれる袋に水がたまった状態です。

もともとの膝の痛みと、水がたまっての腫れの痛みが混じってきます。この痛みは主に腫れの痛みです。
腫れの痛みのほうが強く感じるからです。

だから整形外科に行くと注射でその水を抜きます。 ひざの痛み
すると痛みがかなり楽になります。

はたしてこれだけでよいでしょうか?
当院では痛みの原因より、なぜ水がたまるようになってしまったかを追求し、その原因にアプローチしていきます。
 

膝の変形(変形性膝関節症)

膝の関節、特に関節の堺の部分が変形してとがってきて痛みが出るものです。
これは上記の膝に水がたまったものが更に悪化したものです。
特に水を抜いた後に出てくることが多いです。

ということは、関節の水は抜いてよいのでしょうか?
当院ではこのあたりも深く考えての施術を行っていますので、安心して施術が受けられ、本当の健康を手に入れることができます。