トップ>ゆりのき整骨院 StaffBLOG

ゆりのき整骨院 StaffBLOG

2019.08.01  ブログについて

ブログの更新ができず大変申し訳ありません。

こちらの機能が思わしくなく入力ができるときとできないときがあるため、

今後こちらのブログにはアップしません。

代わりにfacebookのゆりのき整骨院のページにブログのようなものを載せていきます。

この入力もいつ消えてしまうかわからないので今後は以下のfacebookページをご覧ください。

 https://www.facebook.com/yurinokiseikotsuin/

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.11.02  ゴール設定

先日、妻の親戚の所に赴き、親戚の子供と
将棋を差した。

将棋のルールは 「 王(玉)を取ること 」。と
駒は決まった方向にした動かせないこと。

考えてみた。

あれっ、治療と似ているなと。

ゴールは治ること。

ルールは人の治り方は変えられないことと
治療は一度に決められた量しか与えられないこと。

似ている。どう攻めるか(どう治療を進めるか)。

相手の動向を見て攻める。または守る。

治療も相手の大枠を見て施術を施す。

似ている。

ゴールは決まっている。王取り。治癒、痛まない体。

色々な所で学びがある。

 

残念ながら一局打ったが惨敗。

< 村岡 将棋が大の苦手の巻 > 

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.10.26  スポーツ

秋のこのシーズン、スポーツ活動を行っているところも
多々あると思います。

「スポーツの秋」

このスポーツの秋。多くの人がスポーツの秋だから何か
運動をしようと体を動かすと思います。

スポーツの秋をこう捉えてみましょう。

「もうすぐスポーツの秋だから今のうちに体を慣らしておこう」
「運動するにあたって今からできることはないかな」
というような捉え方をしてみると、

健康に安全に運動が出来ます。急に動こうとすると筋肉を傷めるし
また、捻挫などの症状も引き起こす可能性があります。

秋のさわやかな風を肌で浴び、ほど良い日差しを受けながら
にじみ出る汗をぬぐいながら運動し、運動後、美味しい食事を
するために入念な準備をしていきましょう。


< 村岡 友人たちと作ったサッカーチームそろそろ始動の巻 > 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.10.15  こんなことありませんか?

よく患者さんから聞くのが、

「歩いていても(良くなったか)よくわからないんだよね。」
「歩いていても効果ないような気が・・・」

との声を耳にします。そうですよね。時間を作って歩いて
いてもよくならない。歩くことに問題があるんじゃないかと
思いますよね。

この答には2通りの回答があります。 

イ)関節の動き初めの痛み
ロ)関節のアライメント不良による痛み

各々見ていきましょう。

まず イ)の場合、こんなことを感じたことありませんか?
・歩き始めは痛いけど、歩き続けると痛みがない
・歩き始めは足がスムーズにいかないが歩いていると
 楽に歩ける

これは関節内の滑液と呼ばれる潤滑剤がうまく働いていない
状態ですので、歩き続けると関節運動が活発になります。
この?に当てはまる方は、

一回のウォーキングで40分 を

目指して行いましょう。 

次に ロ)の場合、
・歩いても痛みが残る
・歩くことはできるが痛みが変わらない 

これは正常に関節が作動していないといえます。
例えば、チェーンが外れているのにも関わらずペダルを
漕ぎ続けるようなものです。

この場合はチェーンを直すと同じように自分の体の不具合を
起こしているところを治しながらウォーキングを心がけましょう。

診療をしていると半々の割合でみられますが、多くの人は イ)にも
関わらず ロ)と思っている方が多いです。

判別の仕方としては普段歩いている時間よりも少し歩いて平気であれば
イ)の状態ですし、痛みが続くようであれば ロ)と言えます。

歩いた後は氷で冷やしていただき養生してください。

後日かかりつけの治療院でウォーキングの旨を伝えるとそれに合った
処置をしていただけると思います。

今回はこのような内容になりました。次回も乞うご期待を!!

< 村岡 ウォーキング時間を変えたの巻 > 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.10.07  バランスの大切さ

よく患者さんからこんな質問があります。

骨盤が歪むってどういうこと?
関節がゆるむってどういうこと?

人によってはいろいろな回答があると思います。
ここでは私なりの回答をさせて頂きたいと思います。

骨盤が歪んだり、関節がゆるんだりした結果、痛みや
怪我につながります。

では、歪んだり、ゆるんだりとは一体どういうことなのでしょうか。

例え話で説明していきます。

多くの人に共通するもので 「時間」 があります。

朝起きる時間、朝起こす時間、出社する時間、みなさん決まっている
と思います。 これはある意味その時間に合わせていくので 基軸 とも
いえると思います。

その基軸となるものがあれば人は安心して行動ができます。

では、その時間が定まっていなかったらどうでしょうか?

昨日の起床はこの時間、一昨日はこの時間だった、明日はこの時間
にしようとバラバラになるので内心不安になります。果たして大丈夫なのか
早すぎないか、遅すぎないかなど。

体でいうとヒトは動きの中で安定する生物です。動いているときもあれば
座って動かないときもあります。

基軸がないとさっきはこれで痛かったけど、こっちならどうだろう、あっちに
したらどうだろうと定まりません。

それを続けていくと骨盤は歪んだままの状態になり、関節もゆるくなり
不安定になります。結果的に痛みを引き起こして信号を皆さんに送っている
のです。

基軸をしっかり持っておけば、そこが目印となるので体がリセットできます。

そうすると予防が出来るのです。動きすぎたから休もうとか、最近動いて
いないからウォーキングでもしようとか。

当院で行っている施術や皆さんにお伝えしていることはすべてこのこと
です。


次回もまたよく耳にする患者さんからの質問を身近なものに照らし合わせた
回答をしていきたいと思います。


< 村岡 ギョーザが基軸の巻 > 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.09.28  初めての試み!!!

先日、院内で初の試み。

キックボクシング体験会を実施しました。
当院主催で行う勉強会の中で初めての
運動系の講習会。

多くの方が参加され、楽しまれていきました。

その中でも、格闘技、武術経験者の当院院長、
スタッフは凄かったです。

  IMG_0998.JPG

 

  IMG_1023.JPG

経験者の2人。さすが、様になっています。


こんな感じでこれからも実施していきますので
乞うご期待ください!!


< 村岡  キックボクシング楽しかったの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.09.16  進行的に痛みが出てくる非荷重

タイトルから専門用語を用いてしまいました。
「非荷重」という言葉。

これに見合う比喩が難しい・・・


さて、今週の内容は前回述べた「膨張」を抑える
方法です。

膨張 = 非荷重

どういうことでしょうか?

前回の内容にあった気圧。気圧が低くなると膨張すると
お話ししました。これは外力から守る圧力不足になった
状態になります。その結果、低い圧力に対して抵抗できない
ので痛みが発生します。

では、非荷重とはどういうことなのでしょうか?

結論から言うと自分の体をうまく使えていない 

状態と言えます。

ということは、膨張(非荷重)とは痛みを

引き起こしやすい状態 なのです。

うまく体が使えるようになると膨張という現象は収まってきます。


では、何をするかと言いますと、当院で治療を経験された方は耳に
残るほど言われたことや巷でもよく言われている

ウォーキング  です。


通常のスポーツ運動ですと負荷、過負荷、否 というように体のバランスが
スポーツ毎に変わってきますし、スポーツの熟練度でも変わってしまいます。

いわば、使えているところと使えていないところが出てきてしまうということに
なります。

推奨するウォーキングは全身運動になりますので普段皆さんが行われている
スポーツ活動の中に取り込んでみてはいかがでしょうか?


< 村岡 ウォーキングで心身を整えるの巻 > 

 

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.09.07  気圧と人体の関係

先日の高気圧と低気圧との関係を解説して
いきたいと思います。

前回記載した中に地球は1Gで成り立っていると
話しました。

地球上では地球の中心に向けて1Gという重力を受けています。

では気圧はどう関係するの?という疑問に当たります。
今度は空気の圧力から見ると、生物は皮膚と空気の膜で隔たれて
います。

わかりやすく言うと地球上の生物はみな見えない全身タイツを体に
纏っています。これが1Gという重力、1気圧を受けている状態です。

気圧が下がるということは体を覆っている膜の力が弱くなるため風船の
ように膨張という現象を起こします。


実はこの膨張という状態が怪我をしている状態

または怪我をしやすい状態、もう少しシンプルに言うと

怪我をする可能性が高い と言えます。

これが気圧が低くなると古傷が痛むという正体です。

 

次回はこの膨張という状態を解消させる方法を解説して
いきたいと思います。


< 村岡 最近ボールを蹴っていないの巻 > 

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.09.03  季節の変わり目

季節が夏から秋に変わりました。

体調の変化も出やすいです。
例えば、夏の暑さが落ち着いて夏バテ
症状が出たり、秋雨前線の影響で体が
思うように動かなかったりします。


では、なぜそんな症状、状況が起きるのでしょうか?

答えはよく目にする 「天気図」 の中にあります。

この9月の時期は台風がやってきたり、雨が多くなったりします。
天気図をよく見るとこんな文字を見ませんか

 と高。

これはご存じの人もいると思いますが、低気圧 と 高気圧を
記しています。

これが人にどう影響するかというと、地球上で生活をしている
生物は地球の重力1Gという力を受けて生活を営んでいます。

この1Gというのは数字に表すと、1013hpになります。

またまた天気図を見ると、1020とか998とかという数字を
目にしますよね?

これは先ほどの1013から見て1013よりも上であれば高気圧
下であれば低気圧となります。

季節の変わり目は両方が入り乱れているので体が安定しないのです。

病は気からというようにまた、心身というようにメンタル面、肉体面に
影響を及ぼすのです。

 

次回はなぜ、高気圧、低気圧が体に影響を及ぼすのかを解説して
いきたいと思います。

 

乞うご期待を!!!

 

< 村岡 久しぶりにウォーキング出来たの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.07.17  夏の総体

八千代市は殆どが明日から総体が始まります。(サッカーは先週から始まっています。)

3年生は最後の大会になります。

当院通院中の患者さんも最後の大会に出場。県大会への出場に期待!

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.06.03  梅雨

雨が多く降るこの時期。皆さんは嫌ですよね?

自分自身も嫌です。

この時期はどうしてもイライラしてしまいます。

雨で濡れるのが嫌なんですよね・・・ 単純な理由


このイライラが実は身体とものすごい密接に関わっている
のです。

この時期は天気予報でも「低気圧」、「梅雨前線」という言葉を
多く耳にします。

この低気圧、梅雨前線がイライラを引き起こすのです。

どういうことかというと、気圧が下がるとバランスが保てなく
なります。

バランスは病は気からというように体の内面外見両方とも
影響を及ぼします。

ということは・・・ 痛みも引き起こしやすいのです。

特に慢性的に症状をお持ちの方、持病をお持ちの方

ご自宅でアイシング が効果的です。


< 村岡 梅雨時期の鍛錬考案中の巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.05.27  多くいただく質問

患者さんから色々な質問をいただく。

その中で多いのが、

「どうやって ? したらいいですか?」という

質問をいただく。


大概答えとしては、「お任せします」と答える。

一見、冷たいと思われる。

でも、一人一人違う。 

その人に合ったやり方があると思う 


特に当院でおススメしている自己回復法である、

ウォーキングとアイシング は

長く継続して習慣にして

いただきたい自己養生法 

そのためには、自分のやり方を見つけたほうが
長続きします。


よく魚釣りに例えられるのだが、

魚を釣って取ってあげるのではなく、魚の釣り方を
教えてあげると。

一人一人癖、好みがあるので各自で見つけてみましょう


< 村岡 習慣化してきたの巻 > 

 

 

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.05.19  コーチング

コーチングというと色々アドバイスを言うことだと
解釈することが多い。

昨日、先日に録画していた番組を観た。コーチの
定義が載っていた。

「コーチとは、困ったときに手を差し伸べるのことが
コーチの役目」と。

コーチと聞くと、スポーツだけかと思うが、家庭でも親が
子供のコーチの役目。学校では先生がコーチの役目。
治療では治療師がコーチの役目。

最近だと、1から10まで教えてしまう。

そうすると教えられた本人は自分の思考が停止してしまう。
良くなることが出来なくなってしまう。

現在、某中学校のサッカー部の外部コーチとして練習に
参加させてもらっている。

コーチの意味を捉えて指導していこう。


< 村岡 与えすぎてしまうの巻 >

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.05.13  筋肉の痛み

筋肉の痛みには二通りある。

筋肉痛 筋断裂(肉離れ) 。

二つはほぼ一緒と思ってもいいと思う。

例えて言うなら、暑い夏にカキ氷を食べたときの
キィーンと頭にくる刺激と一緒。

カキ氷をかけ込んで食べるとキィーンとなる。

普通に食べていてもキィーンとなる。

でもキィーンとなった後感じ方が違う。

かけ込んで食べると刺激が後々まで残るが
普通に食べたときになるとその時はなるが
すぐにおさまる。 


筋肉痛も肉離れも一緒。分かって使っているか、無理に使うか。

分かって使っていれば時期に治まってくれる。無理に使えば

治まりが利かない。

これから運動がよりし易くなる時期。前もって準備をして

楽しく運動が行えるようにしていきましょう。


< 村岡 日曜にはしゃぎまわり筋肉痛の巻 > 

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.05.07  連休明け

連休後、身体のバランスが保てない。

動かない日々が続いたり、動きすぎたり
してバランスが取れなくなる。

 
連休後、身体のバランスを整えるために
ウォーキングをしてみましょう。

 

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.05.01  5月

五月と言えば、

五月雨、五月蠅い、五月病というあまり
在り難くない言葉がある。

でも、逆を言うと、

五月には色々なことがあると言える。

気候が変わりやすかったり、物事の
変化が出やすかったりする。

こんな言葉がある。

「物事に良いも悪いもない」

良し悪しを決めているのは自分自身。

楽しんで五月を過ごしましょう!!


< 村岡 サッカー日和の毎日の巻 > 

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.04.22  本来の身体

人の身体は本来の動きを知っている。

長い年月の中で動きが覆い隠されてしまっている。

月が雲に覆われるように。

 
赤ん坊は転ぼうがぶつけようがお構いなし。

大人は転倒したり、捻ったりするとその動作を避けようと
する。

転倒、捻挫の痛みを知っているから。でも、赤ん坊も
泣くということは痛みを知っている。

疑問が生まれる。

同じ痛みを知っているのにどうして体が違うのか。

大人は痛みを抱えているが赤ん坊は痛みはなくなる。

これが大人と赤ん坊の違い。

赤ん坊は色々悪戯したいから今の痛みが邪魔になる。
何とか体をうまく使って痛みを消そうとする。 

大人は同じ痛みを感じたくないから身体を防衛する。
いわば、防御している状態。

ふとしたアクシデントにも耐えられるようにする。
だから身体を守る。だから身体の動きが悪くなる。


本来の動きを手に入れるには解放していく必要が
ある。

解放する方法が無意識に身体が動くということ。


< 村岡 全体のバランスの悪さは下肢にありの巻 > 

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.04.15  基軸

地球上に住む我々の基軸は重力。

重力の力を受けて生を営んでいる。

重力の力をうまく利用できなければ疾病
や怪我をする。


ここで一つ問題がある。

重力だけの問題なのかか否か。 

運動をしていない人でも怪我をする人しない人。

はたまた、運動していても怪我する人しない人。

これはどうなんだろう。

基軸はもう一つある。

「自分の基軸」 自分自身を客観的に見えるかどうか。

十人十色。親子でも夫婦でも一人一人違う。

それを自分で感じられるかどうか。

まだまだ学んでいかないと自分のテーマである
「携わった人が笑顔や幸せになる」には長い道のりがある


< 村岡 頭がフル回転の巻 >

 

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.04.07  善し悪し

良い時もあれば悪い時もある

でも、悪い時が続くとこのまま悪いままなの
かなと思ってしまう。

それは周りのものと比べてしまうから。あの人は
ついている、あの芸能人はいい暮らししているとか。

いわば、隣の芝が青く見える状態。


あるサッカー選手がこんなことを言っていた。

良いも悪いもボールと一緒でサイクルだ。と

ボールは転がるもの。気持ちや感情の起伏も変わる
からそこに目を向けずに気楽に行こうということ。


< 村岡 ネイマールはメンタルもプレーもさすが! の巻>

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.04.02  桜

今年の桜は見事に満開に咲いている。

この桜は常に咲いているわけではない。

1、2週間の見ものとして咲いている。
4月の半ば以降から来年の開花の時期まで
次の準備に備えている。

体も同じである。桜が開花にパッと咲くように
すぐに良くなることはない。

治療してある期間を経過した瞬間に良くなる。

じゃあ、それはいつ?となるがそれは桜と一緒
いつ満開になるかわからない。

開花予想は出せる。 過去の記録を割り出せば
平均値が出る。予想は出せる。

実際にこの日に開花とはいかない。

人の体も予測は出せる。

でも、いつよくなるとは言えない。

それは治療した本人が分かることだから。

健康な体を築いていくために治療を行って
いきましょう。

 < 村岡 ウォーキングしながら花見の巻 > 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.03.25  始動!!

サッカー日本代表の新監督が就任し活動を始めた
ニュースを見た。

監督の目的、目標、戦術、戦略がコロコロ変わると
選手もやりにくくなるのではと思う。


何か似ている・・・

そう、治療と一緒。

治療を受けるのと一緒。

選手 = 患者さん  監督 = 治療師  協会のお偉いさん = 脳

監督は協会の人が連れてくる。その結果、集められ選手にお披露目に
なる。

そうなると一貫性がなくなってくるときもある。ハマれば当るが・・・

イチかバチかにかけるよりは一貫しているほうが結果が出る
確率は高い。

当院の施術は一人一人の状態を把握して基準を設けた診断法
で施術を開始していく。

百聞は一見に如かず

< 村岡 今日も爽やかに施術していますの巻 > 

 

 

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.03.18  三寒四温

この時期の気候を見てつけられた
四文字熟語

寒さと暖かさがやってくるということ。

寒さも長くは続かないと。

人の痛みも同じことが言えます。
良いときもあれば悪いときもあります。

この時期の三寒四温は春に向けての準備期間。

ということは人の体も痛みが出たり、痛みがなかったりは
体が良くなるための時期ということに当てはまります。

季節の変わり目は痛みを引き起こしやすいので違和感
を感じたらすぐに治療しましょう。


< 村岡 河津桜満開の巻 > 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.03.11  ストレッチ

ストレッチ体操。

この言葉を聞くと皆さんは「筋肉を伸ばす」という
イメージが湧くと思います。

通常筋肉はゴムの動きと比喩されることがあります。

いわば、筋肉もゴムも伸び縮みをするということです。

ただ、筋肉とゴムの違いは素材の違いです。
ゴムはゴムの樹からなる樹脂を加工しているので伸び縮み
がどんな場合でも可能となります。

筋肉はコラーゲン繊維からなっており、伸び縮みがし易い 
のです。

どういことかと言いますと、
ヒトの体には前と後ろに筋肉がビッチリと張り巡らせています。

後ろが縮むと前が伸び、

前が縮むと後ろが伸びる
 というように
出来ています。


ということは、ストレッチは伸ばすというよりも

伸びるように動かす というイメージの

ほうが体に支障きたすことなく行えます。

ストレッチのイメージをちょっと変えてみましょう。


< 村岡  自分もやろう の巻 > 

 

 

 

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.03.04  そろそろ開幕

いよいよJリーグが開幕します。

選手は一年間シーズンを戦うためにキャンプをしたり
トレーニングをして準備を整えます。

たまにケガをする選手が出てきますがこれはトレーニング不足
ではなく、オーバーユーズ(使いすぎ)で起こります。

オーバーユーズ(使いすぎ)はスポーツ選手には限らず私たち
にも起こりえます。

手の腱鞘炎がいい例です。普段日常生活で手を使うことが多いです。
そのためオーバーユーズになります。体全部に言えることだと思います。

同じ姿勢を取り続ければ首や肩に痛みが発生します。これも使いすぎが
原因です。

スポーツ選手も一般の私たちも同じでトレーニングが必要になってきます。

スポーツ選手は競技に耐えられるだけのトレーニングが必要ですが、
私たちは日常生活を楽しく過ごすためのトレーニングが必要になってきます。


トレーニングに興味ある方は是非当院までご連絡ください。
ご都合があえば、是非当院のトレーニングルームで一緒に体感
しましょう。


 < 村岡 三度の飯よりサッカーが好き の巻 > 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.02.25  感覚

人によって感じる感覚は異なります。

この時期は寒かったり、暖かったりと寒暖が
激しくなります。

さて、この「寒い」と感じるのはどこで感じるのでしょうか?

・風を肌で受け寒いと感じる
・天気予報の最高気温を見て寒いと感じる

人によって感じ方は様々です。

こんなことも言えます。

ダイエットをしようとしたときの判断も一緒です。

・テレビで芸能人がダイエットしたのを見てやるか
・いろんな人の情報を聞いて行うか。

人によって様々です。


自分の感覚を大切にしていこう!!


< 村岡 感覚を大切にしているの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.02.17  基礎体力

基礎体力が落ちてきていると新聞などで取り上げ
られていることが多い。

実際、学生の子達を診ているとやはり基礎体力が
落ちている。

ここで言っている基礎体力とは 自分の体をうまく使える
か否か。

昨日来院された学生の子に逆立ちをやらせてみたのだが
うまく両手で支えられない。
一歩手を前に出すように誘導しても中々手が出ない。

スポーツ特有の動きは出来るのだが、基本的な動きが出来ない。

スポーツの良いところでもあるし悪いところでもある。

怪我しないためには基礎運動能力を高めていこう。


当院では治療の一環としてトレーニングも行っております。
興味のある方は一度実際にやってみましょう。


< 村岡 逆立ちはまだまだ出来ます の巻>

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2015.02.10  生理冷却

生理冷却とは聞きなれない言葉です。

これはどういうことかと言いますと

生理(ヒトの体の根本)に見合った状態で
冷やしましょうということです。

ヒトの体に見合ったということはどういうことか?

よくテレビの報道とかニュースとかで目にする
「雪山で凍傷」  「凍傷で壊死」とか聞くと思います。

冬、雪山で遭難して起こるのは雪山周辺の気温は
?0℃以下に下がります。 

ヒトの体温は20℃以下になると細胞が破壊されていきます。
もうお分かりですよね。

そうです。魚とかを冷凍保存しておく保冷剤は鮮度を保つ為の
ものなので人の体には合いません。
 また、アイスノンとかもあまりおススメは出来ません。長時間
冷たさを保たせるには化学物質を用いて長時間利用できるように
しているので人の体には合いません。


当院でおススメするのは氷を使った冷却法です。 

氷は0℃の状態で保たれているので体に害はありません。

氷で冷却をすると深部まで浸透するので冷却効果を持続できます。

この時期は辛いですが、痛みが出たらまず氷で冷却してみては
いかがですか? 

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2014.04.22  疲労回復

一日生活を送ると基礎代謝量が働きます。

基礎代謝量とはエネルギーのことです。基礎代謝量が
多いとエネルギー切れになります。

エネルギー切れを起こした状態が疲労です。

疲労が続くと過労に繋がります。 

疲労、過労が続くとストレス、パフォーマンス低下を
引き起こします。

その状態が続くと、体に不調をきたし痛みを引き起こします。

なぜその状態が起こるかというと、

血液の働きは酸素を運搬してくれます。疲労は酸素不足ということ
になります。 

ケガでも同じことが言えます。ケガした所で酸素不足が起こり治りが遅く
なります。

疲労回復、過労防止には上質な酸素を体内に吸収
してあげることです。
 

 
当院では上質な酸素補給を促す方法として、

酸素カプセルをお奨めしています 

 

 是非一度体験してみてはいかがでしょうか。

 

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2014.04.17  バランス

物事にはバランスがあります。

良いもの、悪いもの。強いもの、弱いもの。

このバランスで保たれています。

 

人に至っても言えます。

人は 「不断の動き」 と言われるように体感覚では分かりにくいですが
常に動きを伴っています。

言わば、常に動いているということです。

これはどういうことかというと、動物の基本は四足です。四本の足を使って
移動をします。

人類は進化の過程で前足は物を使えるようになりました。

その結果、後ろ足の二本で立って移動をしなければならなくなりました。

四本で維持していたのを二本に減らすと二本で維持するには困難になります。

そうです。実は二本で立っていることは困難なことなのです。

人はでバランスをとるようになりました。

動きの中でバランスを取る方法が

ウォーキングをすることです 

ウォーキングは人がバランスよく立つために欠かせないものです。

 

 

 

 

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.10.16  観戦

先日、サッカー日本代表の試合がテレビ放送されていた。

自分自身、サッカーはやるのはもちろん大好きだが観るのも
好きである。特に観るのは海外サッカーが多い。

スペインのリーガエスパニョーラ、イタリアのセリエA、ドイツのブンデスリーガ
イギリスのプレミアリーグ、ブラジルのカンピオナートブラジレイロなどを観る。

今のサッカーはもちろん観るが、特に好きなのが’90?’00までの
シーズンが大好きでたまにYou Tubeとかでも観たりする。

先日、友人がJリーグの試合を観に行っていたが最近はスタジアムで
観る機会がないからJリーグからは足が遠のいている。

Jリーグを見に行ったのは中学生の時にデートで行ったくらい。

たまにはスタジアムでサッカー観戦もいいかも。

行ってみたいのはさいたまスタジアムか鹿島スタジアム。

行くのは当分先になると思うが・・・

今は週に2回やっているフットサルで満足、満足。


< 村岡 今日は趣味の話の巻 > 

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.10.07  タイミング

タイミングは色々あります。

よく使われる言葉がタイミングを
逃したという言葉。

恋愛の時によく聞きます。あの時
告白しとけばと。

良いか悪いかは結果にかかりますが...


今、体の調子がいい人は良いタイミングでケアを
したり治療をしていると思います。


タイミングを取り損ねてもタイミングはいつもあります。

よくバンジージャンプで飛ぶタイミングがずれてもまた飛べるように
巡ってきます。

タイミングいい言葉ですね


< 村岡 タイミングが好きな巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.09.20  憧れ

ご無沙汰してしまった、ブログ。

昨日は研修のために六本木に行ってきました。

毎月定期的に勉強会はあるのですが、診療の都合上
参加できないことがあり、昨日は参加できました。

六本木の会場に行く際、六本木の街を見渡しながら歩いて
行くのですが、その途中にスポーツバーを通るのですがいつ
見ても人がいっぱい。

自分自身、スポーツが好きなので一度入ってみたいと思っている。
だが、中々入る機会がない。

憧れがある。スポーツバーで外国の方と一緒に雰囲気を味わう。

これがしてみたい。一度入ってみよう。

  < 村岡 スポーツは万国共通の巻 >

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.09.05  体幹トレーニング

体幹トレーニングという言葉を聞くと
スポーツ選手が必要な要素と思うかも
しれませんが、実は全員が必要なトレーニング
となります。

体の幹となる部分がしっかりしていないと手足の
動作が鈍くなります。

普段の日常生活でも活用すると思います。例えば
掃除機をかけたり、窓を拭いたりなどの掃除の動作や
ものを取ろうと手を伸ばす動作なども関係してきます。

体幹トレーニングはアスリートの人たちだけではなく
全ての人に必要と言えます。

当院でも体幹バランスを整える運動療法も行っています
ので気軽に声をかけてください。

「運動がしたいです」と。


< 村岡 競技力UPを目指しますの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.08.28  漸進性

徐々に進めることを言います。

トレーニングでは徐々に重さやスピードを増やすことに
使われます。

同じ重さのものや同じ速度では効果が上がりません。
徐々に強さを高めていくことによってレベルが上がります。

日常生活でも経験したことがあると思います。
ある日突然、重いものが軽々持ち上がった。
ある日突然、歩く速度が上がった。

これらも漸進性の法則の一部です。

当院でお奨めしているトレーニングも一緒です。


 <村岡 トレーニングは欠かしませんの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.08.22  リコンディショニング

コンディションが崩れて整え直すことです。

夏の暑さが少しずつ治まり、体も動かしやすくなります。

体が動くからと急に動かすのではなく、自分の体の
状態をチェックしてから運動を開始しましょう。

急に運動を始めると、肉離れやアキレス腱断裂
といった重症症状に見舞われることになります。

これから夏が過ぎると秋に季節は変わります。

スポーツの秋に気分良く体を動かすために
コンディショニングを整えましょう。


< 村岡  歩いて走っていますの巻 >

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.08.08  熱中症対策

今週に入り、暑さがまた戻ってきました。

この時期は夏休みということもあって
朝から練習、日中練習と様々な時間で
練習する光景が見られます。

気温が上がってくるとどの時間帯でも
熱中症にかかりやすくなります。

朝だから大丈夫、夜だから平気と過信
せずこまめに水分補給をしましょう。

 

リフレッシュも熱中症対策に効果的です。

練習中は体はもちろん頭も使います。人の集中力は
大体45分と言われます。脳も使い過ぎればオーバーヒート
を起こします。

練習のないオフの日は家でゴロゴロするのもいいですが
日が暮れかかる頃に少し散歩をしてみましょう


< 村岡 最近は夜歩いていますの巻 >

 

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.07.31  特異性

スポーツ各々動作が変わってきます。

サッカーは足を使うスポーツ。

バスケットボールやバレーボール、野球や
テニスは手を使うスポーツ。または手で
ラケットやバットを持って行うスポーツ。

サッカーの選手がラケットを持ってトレーニングしても
何にも効果が得られません。

他のスポーツも同様です。スポーツ特有の動作で
トレーニングを特異性と言います。

暑い時期、脳の疲労も早いです。集中力が切れやすくなります。

そんなときはスポーツ動作が似ているスポーツでトレーニング
するのも集中力を切らさずに楽しくトレーニングできます。

こういった方法でやるのも暑い時期の対処法です。


< 村岡 上半身を使うスポーツは苦手の巻 >

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.07.22  時間管理

スポーツ選手の選手生命は短いです。

中学校、高校での選手生活は三年間。

卒業して社会人になればもっと長くなります。

中高でのこの三年間をどう活かすか。

ケガをして戦列を離脱して復帰するにも
同じことが言えます。

試合までの期間をどう使うか。無理をして
やり続けるのか。または一日も早く治して
グラウンドやコートに立つのか。

想いは人それぞれです。

言えることは悔いを残さないで全力でプレーする
ためには自分のコンディションをベストにもって
いかないと思うように動きません。

監督やコーチ、またはかかりつけの治療院と
相談してベストパフォーマンスに持っていきましょう。


< 村岡 高校三年の夏は出れなかったの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.07.13  夏場のスポーツ

夏場のスポーツ活動は屋内外問わず発汗で
体温を奪われていきます。

この時期に多くなってきている熱中症も屋内外
問わず発生しております。

熱中症対策は水分摂取も必要ですがコンディションも
整える必要があります。

コンディションが整わないときは練習量を軽くするか休憩を
多く取る方法もあります。

 
コンディション調整も行っていきましょう

 

  < 村岡 コンディション調整は酸素カプセルの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.07.04  特異性

スポーツによっては色々トレーニング方法は
変わってきます。

例えば、長距離ランナーが短距離の練習をしても
あまり効果が得られません。ほぼ皆無といっても
いいと思います。

当院では学生から主婦、サラリーマンまでの幅広い
層の運動をされている方が多く来院します。

スポーツの特異性を活かしつつトレーニングや運動指導を
行っております。

特に主として指導しているのが骨盤体操(WB体操)を推奨
しています。

運動の基本は体の幹が重要になりますので基本運動指導を
行っております。

是非興味のある方や運動をやり続けたいという方は一度
当院スタッフと体験してみてはいかかですか。


< 村岡 スポーツをやり続けたいのでやっていますの巻 > 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.06.26  トレーニング

トレーニングの方法にはいくつかあります。

器具を使ったトレーニング、マシンを使ったトレーニング
自分の体を使ったトレーニング。

どれも必要なトレーニングになります。その中で自分の
体に合ったトレーニングをチョイスしていけば鍛えられます。

おススメはやはり自分の体を使い、自分の体重を使ったトレーニング
です。

一番の理由は怪我をしないことと自分の現状に合った筋力が得られます。

筋力を鍛えても怪我をしては元も子もないです。

怪我をする確率を抑え、自分自身の体に適度に負荷を掛けられるのが
自分の体を使ったトレーニングです。

トレーニングの種類はいろいろあります。オリジナルなトレーニングを
見つけてみましょう


< 村岡 今はバランスボールと水泳の巻 > 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.06.18  歩行

人の体のバランスを整える方法として挙げると
するとウォーキングがあります。

理想的なのは40分間休みなしで歩くことです。

初めてウォーキングをやられる方には酷だと思います。
なので初めての人は歩ける時間から始めてみましょう。

良く耳にするのが義務とか「しなければならない」と思う人
がいますが、まずは歩いてみようという軽い気持ちで
歩いてみましょう。

これからの時期、日差しも強くなり、体力の消耗も早くなります。
この梅雨時期でも熱中症にかかりやすくなります。

こまめに水分補給をして快適にウォーキングをしてみましょう。


< 村岡 まだ5時に起きるのはきつい・・・の巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.06.10  イップス

よくゴルファーに使われる言葉。

ゴルファーがスイングするときに打てなくなる
時に使われる。

最近では各々のスポーツでも使われる。大人以外でも
子供でもなりうる。

イップスの状態でプレーすると弊害が起きる。

それは再負傷ということ。いわば良くなってきているのに
また痛くなるという悪循環に陥る。ケガをしやすくなる。

昨日のサッカー番組でブラジルのネイマールが言っていた。

ストリートでサッカーをやっていた時の気持ちでやる。と

ケガを予防する方法は、事前にストレッチするとか、体を
作っておくとかあるが、一番は楽しんでやることがケガの
予防となる。

ケガをしたら楽しく出来ないから。

予防も必要。それ以上に楽しくやることも必要。


< 村岡  サッカーはいつも楽しんでいますの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.05.30  未来

先日、録り溜めしておいた洋画を観た。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー』(Back to the Future)

前作の続きらしいのだが、今作は未来に向かう話。

この映画が上映されたのが1989年。物語では30年後の
2015年の設定だった。

当時の30年後を空飛ぶ車、空飛ぶスケボー、音声操作の
洋服、その他色々なものが出てきた。3Dで飛び出すジョーズも
いた。

実際の今2013年時点では3Dは出てきたし、音声で認識も
出来るようになった。

あと2年後の2015年には空飛ぶ車が開発されるのか。

楽しみである。巨匠スチーブンスピルバーグが描いた未来
実際にどうなるのか。

今現代の小学生が30年後の未来を想像してみてというと
どうなるのか。スピルバーグが描いた未来を創造するのか、
現実を加味したものになるのか。興味深い。

今の子供よりも昔の子供のほうが想像力は豊かであったかも
しれない。

過去は変えられないが未来は変えられる。

その想像力が未来を変えられるかもしれない。

犯罪のない世界、渋滞のない世界、便利な世界。

それが良いか悪いかは実際に生活してみないとわからない。

子供のころに観た映画を大人になって観ると案外面白い。

映画って本当にいいものですね。


 < 村岡 ドライブシュートが打てると思っていた少年時代の巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.05.15  リアリティーセラピー

先日久々に勉強会に参加してきた。

勉強会の主な内容は各テーブルで
ディスカッションを行っていく。

昨日はテーブルで一人クライアント役が
いて他の人はカウンセラー役として行った。

色々な質問が飛び交う中自分自身も質問を
しようと思っていたが中々質問できないでいた。

なぜか。 自分自身日常生活でもそうだがこの勉強を
学んで身に付けていたと思っていたがそうでもなかった。

相手を承認し、受け入れているつもりでも実は相手を
変えようとしていた。 だから質問できなかった。

学んでも学んでも難しい。

自分自身レベルを上げていく。

レベルが上がれば楽しい。上げていくのが楽しい。

もっと学んで行こう


< 村岡 手も足も出ないとはこのことの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.05.15  20才

Jリーグが誕生して20年経った。

当時は確かNHKでやっていたはず(?)

当時13歳中学生。サッカー部のみんなは
各自好きなチームのジャージやウェアを持っていた。

あれから20年今はもう着れない。恥ずかしくて。

あと20年経つとどうなるんだろう。ヨーロッパの
ように町行く人が各地域のユニフォームを着て
歩いているのだろうか。

そんな世の中になると面白い。日本はサッカーも野球も
バスケも多くのスポーツが盛ん。

各々好きなチームのユニフォームを着て歩いていると楽しい
かもしれない。

自分自身が夢見ている光景。

20才は多くが変わる時期。人間にとって。

Jリーグも変わっていくだろう

< 村岡  V川崎と横浜Mの試合が好きだったの巻 >

 

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.05.10  アベノミクス?

最近巷でアベノミクス効果が謳われてきている。

いわば、高品質なものを選ぶ思考に変化している。

自分自身もその効果に乗っているのか、最近変化が
始まっている。

コンビニでコーヒーを買っているのだが、今までは缶
コーヒーのエメラルドマウンテンを好んで飲んでいたが、
某コンビニに置いてあるスターバックスのコーヒーを最近
飲んでいる。美味しいから飲んでいるが・・・

今まではそんなに高いものは避けていたが手を伸ばしていた。

やはり値段の張るものは品質も良い。

贅沢はしたくないが、高品質なものをチョイスしていこう。


< 村岡 特にスタバのエスプレッソがおススメの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.04.25  大会

春の大会が各スポーツで行われている。

サッカー、バレー、バスケ、ママさんバレーetc

勝つチームもいれば負けるチームもいる。

常勝チームと言われるチームも負ける。

サッカーの世界では下位のチームが強豪クラブに
勝つことをジャイアントキリングという。

日本では下剋上ともいう。


勝つチームと負けるチーム何が違うのか。

負けないようにして戦うのか、優勝を見据えて戦うのか。

その差は歴然。


負けるチームに多いのが言い訳。他人のせいにする。

勝つチームには言い訳はない。お互いに提案が出る。

こうしたらどうか、ああしたらどうだったろうか。

この人が、あの人が、監督が・・・っていっていたら楽しくない。

他人を変えようとするから言い訳が出る。

他人は他人。こんな言葉もある。十人十色。

人の価値観はそれぞれ。勝ちたい人もいれば楽しみたい人も
いる。白は黒かを決めようとする。その間はダメなのって思う。

間が難しい。楽しいかもしれない。

本来スポーツとは、
楽しみを求めたり、勝敗を競ったりする目的で行われる身体運動の総称。
である。

勝つのも楽しむのも正解。

自分自身もサッカーは楽しみを取り入れている。勝つのも必要だけども。

スポーツは楽しんで勝とう!! いい格言かも。


< 村岡 サッカーの試合をやりたい!の巻 >

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.04.17  ショック!!!

先日、家の用事で保健センターに行ってきた。

申請をしている間に時間があったので備え付けの
体脂肪率計に乗ってみた。

世にも恐ろしいことが起きた!!

自分の体重が何と大台を超えてしまった・・・

自分の中では69までは増えたなと思っていたが
なんと70キロを超えてしまった。 しかも体脂肪も
22%を超えてしまった。 残念っ!!

 

最近動きが重いなと感じたのはこのせいだったか。


< 村岡 ダイエット作戦実行の巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.04.16  初の

今週は初の2週続けてフットサルが行われる。

20代のころは毎週サッカーをやっていたが
30代になっては初めての連チャンフットサル。

体が持つか心配。


患者さんと話しているとフルサッカーもしたくなってくる。
( 11人制のサッカー)

走ろうかなと思うが中々足が進まない。


まぁ、兎に角今週やってみよう。どうなるかわからないけど。


< 村岡 只今筋肉痛の巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.04.09  休診や時間変更のお知らせはこちら

https://twitter.com/yuuki_fujiwara

急遽診療時間の変更や急遽休診予定の場合は

こちらに予定を載せてありますので宜しくお願い致します。

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.04.03  自然の法則

facebookでも載せたが、桜の花びらが散り

新芽が出てきた。春から季節が徐々に移り変わる。


草木は順序を守る。蕾から花が咲き、散って新芽が
出る。 自然の法則。 順番が狂うことはない。


人は蕾の前に花を咲かせようとする。その後がない。

草木は蕾、花、新芽、新緑、紅葉、越冬の順に日々変わって
いく。

でも、人は一花咲かせようと一気に開花させる。一見見栄えは
いいように見えるが中身がないから花火のように散ってしまう。

花を咲かせるには蕾のまま時を待つ。咲くその日まで。

その後も新芽が出て新緑が青々としまたこれも見もの。

自然の法則に従って時を待とう。花が咲き、その後の新緑も
きれいに映るように。

 

< 村岡  開花宣言はもう少しの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.03.26  水(潤滑液)

先週更新したと思っていたが更新していなかった。



先日、佐倉市家庭婦人のバレーボールの大会にトレーナーと
して参加してきた。選手に対応していると数名から言われた。

「膝に溜まった水って抜いていいのか」と。

答えは、状況によって変わるということ。

例えば、今日大事な試合があるという場合は抜く選択もあるという
こと。


ということは元来、抜かないほうがいいということ。

よく耳にする水とは関節の関節液のこと

関節液は関節の中で動きを良くしたり、動きを伝達したり、関節の中
に溜まった熱を排除する働きがある。

言わば、万能なグリス。

本来、関節の中には必要なもの。

溜まるというのは内部の熱が強すぎるのでそれを多くの量を集めて
熱を逃がそうとするため腫れるのであって必要だから腫れる。

そう考えると水は抜いたほうがいいのか悪いのか・・・

溜まり過ぎた水は熱が引けば元に戻る。

抜いたほうがいいのか悪いのか・・・


< 村岡 高校時代に不覚にも水を抜いてしまったの巻 >

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.03.12  守破離

日本古来から伝わる思想。

師弟関係でよく用いられる言葉

師の教えを 「守」、師から教えられたものに
さらに一歩進んだものを取り入れ「破」、

そして、師からの教えを自分の特性に合わせ
技を磨きあげ、新たなオリジナルなものにしていく
「離」

今自分自身が参加している勉強会は全て 「離」を
目指している。

これから先、どこでどう生活するかは分からない。

日本にいないかもしれない。そうなったら自分の周りに
師はいなくなる。だから今は守破離の守と破を学んで行く。

そして離となった時にはより上質な時間を過ごせると思う。

離となるまでには時間がかかる。

目先のことを得るか、先の上質な生活を得るか。


未来を見て今を一日一生として生きよう。歩んでいこう。


<村岡 将来はグアムに住みますの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.03.07  意識

意識をどこに向けるか。自分に向けるのか、相手に向けるのか。

向け方によって変わってくる。

自分に合わせれば、自分中心になる。相手に合わせれば
協調性が出てくる。

相手の欲求充足を満たす。

与えてから与えられる。

 

個人でもチームでも一緒。チームになるとより難しくなる。

多数人がいるから。それが出来るとチームとしてはより絆が
強くなる。


チームワークがいいところはそれが出来ている。自然と。

味方に興味や関心を持っているから。

愛の反対は無関心。

意識を常にどこに向けるか意識していこう

 

 < 村岡 部活で汗をかいたの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.02.26  予防

予防の定義を調べると3つに分かれます。

一次予防、二次予防、三次予防と。

年に一度会社などで健康診断を受けるのが二次予防
に該当します。

接骨院で治療をするのは実は三次予防にあたります。
治療は一般的に言われる「予防」の認識には該当しない
のです。

 

一番理想なのが一次予防と言われる分類です。

一次予防とは、疾病の発生を未然に防ぐ行為を指します。

この一次予防に入るのが、ウォーキングやトレーニング、生活習慣
の改善や適度な食生活です。


これからは多種のスポーツがシーズンに入ります。

ケガの発生を未然に防ぎ、シーズン中は怪我なく楽しんでスポーツが
行えるように 「予防」 していきましょう。


< 村岡 一緒に予防しましょうの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.02.20  パワー

よく耳にする言葉。

パワーを示すものはあまりないが、このように
表される。

力 × スピード

力10でスピード5であればパワーは50。

力5でスピード10でもパワーは50。

どちらがいいかはその人の体がよく知っている。

ただ、色々考えるとスピードが速いほうが軽い力で
モノを動かすことが出来る。

メッシがいい例。

どのサッカー選手も口をそろえて言う。

ボールが足にくっついていると。中々奪えない。
速いと。

まさにスピードを重視している。パワーがないわけではない。
シュートを打つにしても、長いパスを蹴るにしてもパワーが必要。

体に合わないものを取り入れると壊す。合えば何倍ものをパワーを
生み出す。

そんなスポーツ選手になれるように各カテゴリーの患者さんを
導いてあげたい。  


< 村岡  スピードスターだったあの頃の巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.02.19  本質

本質。本来の姿、基底をなすもの。

自分自身の本質とは何かを先日の勉強会で学んだ。

誰のため、何のために今、これからを生きるのか。

 

生まれてきてから親に育てられる。この世の中に必要な
最低限のルールを教わるために。中学校まで。

こうしなきゃいけない、ああしなきゃいけないとは教わらない。

最低限のルール以外は自由。何をしようが。ただ、人様に迷惑
をかけなければ。

でも、社会に出ていくとまたルールが変わる。これらは親から学ばない。
社会に出て会社で教わる。ビジネスを学ぶ。報酬を得るにはそれなりの
成果が必要と。組織で働いていると制限がある。自分一人でやっているわけ
ではないから。サッカーでも同じ。組織でプレーしてる中で個人でやっていると
そこから綻びが出来てやられてしまう。

でも、そこを変えていかないと単調なことしかできなくなってしまう。アクセントが
必要になってくる。感覚が必要になってくる。サッカーのプレーでも得点が生まれる
ときや、観客が熱狂するときそれは非常識なプレーをやって見せたとき。

本質。自分自身の本質。それは常識に捉われないこと。

自分がファンタジスタが好きな理由、それは自分と波長が合っているからかもしれない。

ファンタジスタ。監督、メディアには好まれないがチームメイト、ファンからは必要とされる。

本質の追及。

< 村岡 自由と楽しみの欲求が強いの巻 >

 

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.02.12  違い

先日、テレビで 「人間とは何か」という番組が放送
していた。

興味深かった。特に印象に残ったのが人とチンパンジー
の違い。 人とチンパンジーの違いは殆どない。

遺伝子の違いだけ。人とチンパンジーは98.8%一緒。

1.2%の違いだけ。でも、その1.2%が大きい。

チンパンジーは敵を見分けるため、他の仲間よりも先に
食物を捕るため瞬間認識能力を身に付けた。

人は四足から二足に進化したため、色々自由が利く様になり
道具を使えるようになった。そして、人は仲間とのコミュニケー
ションをとるために言語認識能力を身に付けた。こうして人は
他人とコミュニケーションが取れるようになった。

人もチンパンジーも起源は一緒。必要なものを選択し分かれていった。


人も一緒。

運動神経がいい子、計算が得意な子、漢字が得意な子、色々必要な
ものを選択した。それには良いも悪いもない。その子の個性。

チンパンジーも一匹、一匹違うし、人も一人一人違う。

千差万別、十人十色。

症状も違う。腰の痛みでも発生機序は違うし、体の構造も違う。使い方も
違う。ただ一緒なのは腰に痛みを感じるだけ。

面白い。 本質が分かると面白い。

だから本質をみていく必要がある


< 村岡 昔はサルのように木によく登っていたの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.02.04  本質

昨日は久々に古来の柔道整復の勉強会があった。

いつ見ても一つ一つの手技がすごい。

実際にやってみると昔の人はこう治していたのかと
感動する。

まさに殺活法。

ボスもたまに言っているのが壊すことが出来れば治すことも
出来ると。 実際目の当たりにしたり実践してみるとその理由が
分かる。

なぜか。 活法も殺法も形は一緒だから。

壊さないようにやれば活法になるし、壊そうとやれば殺法になる。

これがよく言う 表裏一体。 本当の技はここにあるという気がした。

昨日話していた話の中にあったのが、荷物を担いで歩いたり、物をもって
移動したりという。 本質はそこにあると思った。

自ら体を動かし何かをする。荷物を持つ。手で掃除する。これこそが鍛錬の
気がした。

会社でもそうだし、接骨院でも一緒だが一番最初は掃除から始まる。
雑用というようによく言われるが実は鍛錬。

今ではそれをやらない人が多いがこれこそ鍛錬。その鍛錬を続けて行くと
初めて業が行える。

全ての本質はそこにあるとまた改めて実感した。

学びの機会を与えて頂きありがとうございます。


< 村岡 掃除が好きでよかったの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.01.30  希望

先日、久しぶりにテレビドラマを観た。

「Last Hope」というドラマ。

医療系のドラマなのだがハマって観てしまった。

内容に惹かれた。高度先端医療の話。どこに行っても
無理と言われて患者さんが来る。普通の病院では中々
処置が出来ない程の重症の患者さんが来院し、その
症状についてカンファレンスを行い、手術を行っていく
という話。

ラスト ホープ (最後の砦、最後の希望)

現実でも多くの病院、治療院がある中で回ってくる
患者さんは多い。

しっかり患者さんを診て、その患者さんに合ったものがある
はず。

多くの希望をあたえていこう

 

 < 村岡 観てて面白かったの巻 >
 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.01.26  あの声がまた聴ける・・・

先日、新聞の記事でこんなのを見つけた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130124-00000102-spnannex-ent

そう CHAGE & ASKA  チャゲアスの復活。

 

待ちに待った復活。

 

中学生時代に「SAY YES」を聴き始めてから
ずっと聴いていた。

 

早速アルバムを借りて聴き直そうかな

 

村岡  同世代、下の世代はついて来れないの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.01.25  No pain No gain

日本語で言うと

「痛み(苦労)なくして 得るものなし」

好きなChage & Aska の曲にもある。


世の中はそう成り立っている。

かの有名な芸人であり映画監督も下積み時代が
あった。売れない時代があった。世の中の偉人と
言われる人たちにもあった。売れない時代。

好きなものを買うのにも節約し、買いたいものを我慢し
好きなものを買う。苦労(貯める)なくして得る(欲しいもの)
ない。

現実的には出来ることが未来には出来ない。目的が曖昧に
なるから。現状に満足。今が良ければいい。それも必要だと
思う。今が楽しくなければつまらなくなる。

将来どうしたいか、どうなりたいかがないと日々に追われ毎日を
何となく過ごしてしまう。

前に100年カレンダー、50年カレンダーなるものを見たことがある。

そのカレンダーには自分の生まれた日から全うする日も載っている。

2度と来ない自分の人生。

歩んでいこう。自分が目指す目的地に向かって。


< 村岡  ウォーキングで頭が活性されたの巻 >

 

 


 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.01.24  過去志向から未来志向へ

どうしても過去へ遡って問い続けてしまう。

なぜ、なぜ、と。

過去に答えはない。なぜならその時の最善の
選択をとったから。

また過去は過ぎてしまった出来事であり、変えることが
出来ない。

今この瞬間を変えることは出来ないが、この先は変えることが
出来る。こうしていこうと自ら変わっていけば変わっていく。

たまにある。「調子はどうですか?」と聞いて、「昨日と同じかな」
と答える人に対して何とか変えようとしつこく聞いたりしてしまう。

他人も変えられない。

変えられるのは自分自身。昨日と比較しても変わらない。

全体を見てみると過去志向になっている。

明日良くなるためにはどうしたらいいかを考える。変わるはず。
未来を向いているから。

今よりも明日。今よりも3日後。どうなっているかを求める。

宮大工の本にも乗っていた。25年持つ家を作るのではなく、数百年
数千年持つ伽藍を作ると。

だから木材も念入りに調べる。ケヤキなのか、ヒノキなのか、杉なのか。
千年持つヒノキを選ぶ。本質を選び抜いている。

本質を追及するには過去にこだわり過ぎてもいけない。過去はデータとして
必要とあってこの先健康でいるためにはどうしたらいいかにフォーカスして
いく。

プロフェッショナルを目指すものとしての課題。過去から未来へ。

未来を展望させるのが上質世界。

 

< 村岡 怖いくらいスムーズに字が打てたの巻 >

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.01.17  最近のハマり

最近のハマりは宮大工の本を読むこと。

別に今後宮大工に転職かというとそうではなく
色々共有できることが多いため読んでいる。

印象的だったのが、宮大工は大仏の伽藍は作るが
家は作らないと言っていた。

それは家だといくらでどう作る、こう作るってなってくる。
でも伽藍は何千年と持つものを作る。技術も安くなると
言っていた。


自分たち治療師も一緒だと感じた。金額がこのくらいだから
この治療をするのではなく、この人を治したいと思い施術に
入る。

だから本質が必要になってくる。

職人の話は為になる。


< 村岡 サボってしまったの巻 >

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2013.01.04  新年

明けましておめでとうございます。

ゆりのき整骨院は本日から診療いたします。

 


一年計は元旦に有というが今年は3日にあった。

先日、成田山に家族で初詣に行った。去年の暮れに
携帯電話のストラップが壊れて、成田山で探そうと
なっていた。並んでいるお店のそれぞれのストラップを
見てもピンと来るものはなかった。

探していると一つのお店の商品にそれはあった。

そのストラップにはこう書いてあった。

「このストラップは小さな幸福を祈願するストラップです。
あなたの努力で大きな幸福に変えてください」と。


今年のテーマは決まったと直感が働いた。

「感謝」 ということ。

今働いていること、生きていること、学べること
好きなことが出来ること、それらを一生懸命行うこと
それが小さな幸福。物事に感謝して一生懸命取り組んでいく。
それを今年のテーマにしていく。

 


< 村岡 今年もこんな感じでスタートの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.12.28  一年

今年もあと今日を入れて残り4日。

一年366日の内、362日経過した。時間計算では
8,688時間経過した。


長いようで短い一年。時間は有限。

人生90年の生涯計算だと、778,400時間の内
289,080時間経過した。

今年一年も多くのことを得た。柳生心眼流や構造医学
選択理論心理学、物理性心理学etc。

まだまだ学んでいくことが多い。必要なものがある。

来年もまた学んで行く。学と実を。

講師の先生方今年一年ありがとうございました。

来年もまたよろしくお願いいたします。


  < 村岡  来年の目標を練るの巻 >

 


診療は明日もしています。お間違えのないように・・・

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.12.17  力

力が中々抜けないというのは実感している。

力が入るのも実感している。

 

なぜ抜けない・・・

 

そもそもが違うのかもしれない。抜くのではないかと
思った。

逆を返すと、力を抜こうとすればするほど力が入る。

思考がそうさせるのかもしれない。

何とかしようとするから力が入る。だから思うようにいかない。

 

力が入るのはもしかすると何かがあるのかもしれない。

答えは見えている。答えを導き出した。

頭の中をいろいろ駆け巡った。そして答えにたどり着いた。


答えは勉強会の中で出てきた。


< 村岡 ど真ん中の難しさを知った巻 &
サボったの巻 >

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.12.11  VW

iPS細胞を発見した山中教授が日本でテレビでインタビューを
受けた時に言っていた座右の名。

V・・・ Vision  W・・・ Work Hard

ビジョン アンド ワークハード と言うらしいです。

米国に留学した時に指導教官に教わったと言うことです。

「目的を定めて、それに突進(努力)する」というアプローチです。

 

自分が何をしたいのか、どうなりたいのかを明確にしそれに向けて
努力した結果ノーベル賞に行き着いたということです。

 今日ニュースで取り上げられたのはノーベル賞授与式が終わってから
山中教授が「ノーベル賞は過去のもの」と言っていた。

山中教授はノーベル賞は自分の目指すビジョンの道の通過地点にあった
だけ。山中教授の目指すところはips細胞で人を治す。だからノーベル賞は
通過点だった。

 

自分自身も目指すところがある。自分がどうなりたいか、どうしたいかがある。
今自分が働き、学び、体を動かしているのも通過点に過ぎない。

現状に満足せず、進んでいこう。

先日引退した中山選手は言っていた。なぜサッカーを始めたのかという問いに

「そこにサッカーがあったから」

そんな人生を進んでいこう。


< 村岡  山中さんと中山さんはすごいの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.12.07  本物

世の中には本物と偽物がある。

本物はそれそのもの。偽物は本物に
マネながら似せる人の個性も出てくる。

サッカーシューズや野球グローブなどスポーツでは
実際○○モデルといったものもある。

それを身に付けたからイチローになれるのか、本田や
香川になれるかと言ったらなれない。

本物は唯一無二の存在。

自分自身も実は本物。誰かになろうとするから偽物に
なる。

誰かのものを学び、倣い、行い自分のものにする。これも
自分自身は変わらないから本物。

本物を学ぶために自分自身を鍛錬していこう。


< 村岡  キングカズのマネをしていたの巻 >

 

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.11.30  思考

人の思考は様々。勉強会でも聞いていること。

 面白い一面もある。たいへんな一面もあるけど。


先日、夜のテレビ番組で視聴者からの質問をトークして
いく番組の中で一つの質問が出た。
「もし、無人島に行くとしたら何を持っていくか?」という
質問。

番組のMCの人たちははあることを言っていた。

「それがどういう状況の設定なのか。たまたま漂流して
流れ着いたのか、○○日間という設定の中なのかで持っていく
ものが違う」と言っていた。

一つの質問でしかも設定するとより多くの思考が出てくる。

今やっている勉強会で言われていることも当てはまる。

院所で患者さんと向き合っても当てはまる。人によって治る
意味合いが異なるから 。

痛みが取れてOKな人もいれば、競技に復帰できればいい人も
いる。また、今まで通りに100%で動きたい人もいる。

その思考の先にあるものが何かによって変わってくる。

  (これも勉強会でやった内容)

自分自身の描いているイメージ写真が何なのか。それに
よって変わってくる。

今日の日本テレビの番組でサッカーの特集をやっていた。

ブラジルではボールがそこにあると一般の方たちが集まってきて
サッカーが始まる。見ず知らずの人同士が。 魅力的だった。


自分の中に新たなイメージ写真が増えた。日本を飛び出てボール
一つで仲間と触れ合う。そんなイメージが頭のスクリーンに
映し出された。

そんな気分の今日一日


 < 村岡  一度はブラジルに行ってみたいの巻 >

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.11.26  力を抜く

患者さんから力が抜けないと質問があった。

何か聞いたことある質問だなと思った。
自分自身が悩んだこと。体が動いてくると
そこが気になる。体が思うように動かなければ
体が重いとか、足が出ないとかになってくる。


力を抜く=脱力 というイメージがあるが正解ではない。
力を抜く≠脱力。

脱力はそのまま。脱力、力が入らない状態、力を入れられない状態。

力を抜くということは、どんな状態にも瞬時に反応、対応できる状態
又は相手の反応を読み取れる状態と思う。

力が抜けているといいプレーが出来る。

脱力ではいいプレーが出来ない。

脱力ではなく、力を抜く。


< 村岡  サッカーでは力抜けるの巻 >

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.11.19  難しい、だからサッカーは面白い。

同じスポーツをやってきている人だと先の行動が
読める。だから駆け引きが面白い。

自分はどこを狙ってボールを取るか。相手はどこに
出すかの一瞬の判断が先のプレーに繋がるから
面白い。

サッカー経験の浅い人だと中々読めない。だから
面白い。今までの体験が少ないから直感がものを言う。

でも、経験している人にとって見ると取りづらい。経験が
先行してしまうから。

何か勉強会で言っていたような気がする・・・


スポーツと勉強会で言っていること繋がるなぁ。

先日は後輩のフットサルに誘われ参加した。

昨日はそういった面で面白かった。


前もって言っておきます。

次回もぜひ参加します。


< 村岡  中学、高校以来の朝練の巻 >

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.11.08  学び

先日、都内での勉強会に参加してきた。

治療面を違った視点から見た勉強会。

コミュニケーションが重要と言っていた。
普段から取っているコミュニケーション。

 

でも、本当にコミュニケーションを取っている?
そう聞かれると首をかしげる人も出てくると思う。

よく言われること。相手が理解していなければ
コミュニケーションはとれていないと。でも、
人と自分の価値観が同じ人はいない。だから
自分が欲しくない情報を話されても聞き入れないし、
自分が欲しい情報は食いついて聞いているはず。

今回の学びで治療に役立つのかと思うが大いに役立つ。

そんな2時間だった。

  < 村岡 メンタリストになれそうだったの巻 >

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.10.31  持っている

ここぞいうときに力を発揮して結果を出す時に
最近聞く言葉。

WBCの決勝戦で試合を決定する安打を打った
イチローが発した言葉。

最近は身近でもよく聞く言葉。


あるサッカー選手は本で言っていた。持っているという
言葉は好きじゃないと。その選手も数多くの名場面で
結果を残してきた。この選手も持っている。

でもこの言葉が好きではないらしい。


先日、某接骨院の元院長先生がふらっと訪れた。凱旋帰国
で。

その先生の話を聞かせて頂いた。色々なことが動いている話
だった。当院でも隔週で行っている勉強会が他業種を巻き込んで
発展している。ボスも持っている。

サッカー選手の話を思い浮かべ色々考えてみると持っているという
言葉が嫌な理由が分かった。


持っているのは偶然でも運でもない。コツコツ積み重ねたものが幹と
なり、枝となり、果実になっただけの話。

自分自身もサッカーをやっているとここぞというときにゴールを決めたり
いいパスを出したりすることがある。持っているわけではない。

鍛錬を重ねただけ。まだまだだけど。

持っている人物になろう。鍛錬を積み重ねて。

思いの種を蒔き、行動し、それを習慣化していけば、実となるだろう。

必ずやってくる。海のように必ず波は訪れるのだから。

いい波が来てもいつでも乗れるように準備をしておこう。


< 村岡 中学校時代は持っていたなぁの巻 >

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.10.29  秘伝

昨日の勉強会は全てにおいて秘伝を
学んだ。

講義にしろ、実技にしろ。

秘伝。 一見難しそうに見えるが簡単にも
見える。

見えないものが見えればの話。

禅問答ようだがそんな感じがする。

複雑にすればするほど真髄が見えなくなる。

だから、見えるものを見ようとするのではなく、
見えないものを見ようとする。

職人とはその次元にいる人。プロフェッショナルも
一緒。

今自分の立ち位置は?
多分セミプロからプロの階段を上っている最中。

セルフコントロールをしていこう。プロフェッショナルと
いう高台を目指して。

最近そこも解かり始めてきた。
プロフェッショナルと言われる人の共通点が。

秘伝を掴む。プロフェッショナルとして歩む。

また新たな鍛錬の始まり。また新たなステップの
始まり。

   < 村岡  頑張りますの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.10.24  キング

キングと言えば、サッカーファンの人なら出てくる
ペレを言う。でも違う。

キングと言えば今はこの人
610405.jpg

キング・カズ。今も現役として活躍している。プロフェッショナル
な姿がすごい。格闘技のプロフェッショナルと出会っている先生方
もいるが自分自身、キング・カズに会ったのは会場入りした時だけ。

今も残っているキング・カズのサイン。これが会った証拠。

現に目の当たりをしてプロフェッショナルを感じたことがない。

中学生のころ当時はキングではなく、カズとの愛称で親しまれていた。
少しでもマネをしたくシュートのフォーム、センタリングのフォームも
マネした。中学卒業の時にブラジル留学も考えた。これもマネした。
あとこれもマネした。
FS1PU158.jpg

今は廃盤となり出回っていないが当時では最高級の
カンガルーレザーを使用したスパイク。

当時は1万8千円もした。

マネをしたがプロフェッショナルには程遠かった。

今は治療家としてプロの道を突き進んでいる。

まだプロフェッショナルの頂きには遠いが進んでいる。

この本を読むたびに感じる。

まだまだと。


< 村岡 カズと呼ばれていた学生時代の巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.10.23  分かること

先日、柔道の練習で怪我をしてしまった。

怪我してわかること。痛みが分かる。もどかしさが
分かる。 色々とある。


痛みで分かること。力が入りきらない、体が痛みを
回避をする。結果、体のバランスが崩れる。

体のバランスが崩れると、心身に影響する。

怪我の再発、パフォーマンスの低下などプレーに
も影響する。

怪我から分かること。無理せず、回復を待とう。

怪我から分かること。無理すれば競技生活が短く
なっていく。


スポーツ選手に大事なこと。体のケア。治療も必要
だが、休めることも必要。


< 村岡 やってしまったの巻 >

 

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.10.17  差

昨日、日本代表とブラジル代表の試合を観た。

世界との差はあまりにも大きかった。国際サッカー
連盟が出している世界ランキングで数年前は
世界№1だったが今は他の国に明け渡しているが
サッカー王国はさすがだった。


以前こんなことを番組で耳にしたことがあった。

日本人選手とブラジルの選手が練習で短距離の勝負を
した。結果勝ったのは日本人選手。

でも、紅白戦では日本人選手がブラジル選手に追いつけない
足の速さで。

そのブラジル選手が言った。「そんなに足が速いのであれば
陸上選手になったほうがいいんじゃないか」と。

世界との差はそこにあると思う。

陸上の短距離走はスピードの勝負。サッカーの場合は相手を
抜き去り、ゴールに運んで行ければよい。だから、相手よりも
一歩目が早ければよい。でも日本はタイムを競う。サッカーでは
必要ないのに。

日本人は100メートル何秒って載っていたほうがすごく見えるが
海外のサッカー雑誌にはその記載がない。ただ単に俊足とか
動物に喩えたりとか。

そこが変わらない限り日本は世界には勝てないだろう。

目的が違うから。同じ土俵に立っても勝てない。

日本がW杯で勝ち上がることが出来たのは自分たちの
土俵で勝負をしたから。


自分自身も自分の土俵で勝負をしよう。敵は自分の中に
いるのだから。

 

< 村岡 日本人なのにブラジルを応援したの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.10.09  出来ることは・・・

出来ることは何か。その人を今ある力を最大限に生かし、
足りないことを補う。

出来ることは何か。魚を釣ってあげるのか、魚の釣り方を
教えてあげるのか。 隣に座って一緒に釣るか。人と
関わるのも一緒。

飲み物を取ってあげるのか、蓋を取って渡してあげるのか。
又は位置を教えてあげるのか。

自分が思うのは、出来ることはしてもらう。出来ないことだけして
あげる。歩けるなら一緒に歩く。手が動くなら動かしてもらう。

それがリハビリ。

 

< 村岡 親孝行するの巻 >

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.10.04  ウォーキング

ここの所、ウォーキングで出勤している。

ウォーキングをしているとある一定のところで
足首、膝の動き方が変わってくる。

それからもう少し歩くと股関節の動きが変わってくる。

それからもう少し歩くと膝の動きが少し違和感を訴えて
くる。 多分、膝のラジエーター機能がまだうまく動いて
いない証拠だと思う。

これを継続するともっと体の各関節の動きが良くなり
スムーズに動くと確信したので継続しよう。

継続は力なり。

 

< 村岡 Tシャツが汗ばんで気持ち悪いの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.09.28  勉強会

毎回、為になる。今欲していることが
目の当たりに出来るから。

勉強会に参加すると毎回自分に言っている
様に聞こえる。

でも、参加者全員に向かって話している。

ラジオで周波数を合わせるように自分自身の
アンテナがキャッチする。講師の言葉が。

知る、分かるが行えてきている証拠かもしれない。

分かったら実行していかないと身に付かない。
朝起きてご飯食べ、歯を磨くように習慣にして
いく。

勉強会で教わることは沢山ある。山ほどある。
死ぬまで一生ある。

少年老い易く学成り難し


< 村岡 今日はまじめな巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.09.26  見えないものを見る

左を向いていても右の状況が分かる、前を向いていても
後ろの状況が分かる。など見えていない状況でも見えて
いるときがある。空間把握能力という。

プロのサッカー選手でも取り分け日本代表や海外でプレーし、
活躍する選手に多い。

自分自身もたまにそういう状況に出くわすことがある。感覚が研ぎ
澄まされているとき。

最近のサッカー番組でよく使われる言葉 「オシャレなプレー」。これが
感覚が研ぎ澄まされている状態。

トップの選手はこれが数多く見られるが、自分自身はたまにしか起こらない。


トップの選手との差、センスでも技術でもない。コンスタントに自分を
追い込めるか。しかも妥協なく。自分自身も鍛錬を行っている。だから、
たまに見える。感覚の世界が。次元を超えた状態が。

でも、トップの選手のようにコンスタントに出せないのは、自分自身に妥協を
してしまっているから。

人間の弱さは流されること。辛いと思ったらやめる選択もできる。やらない選択も
出来る。トップの選手は目的目標がしっかりとしているからやり続けられる。

偉人と一般人の違い。やり続けられるかどうか。


習慣の壁を越え、やり続けよう。自分の好きなことに。

 


< 村岡 サッカーバカの巻 >

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.09.19  思考

曖昧な思考からは曖昧な結果しか生まれない
以前勉強会で習った言葉。

自分が何をしたいのかを明確にする必要がある。

サッカーでお金を稼ぐ。としても選手として稼ぐのか、
コーチや監督として稼ぐのか。またはフロントに入って
チーム運営をして稼ぐのか。 方法はいろいろある。

やることもたくさんある。選手であれば練習をたくさんする
必要があるし、コーチや監督になるにしても勉強して資格を
取らなければならない。運営側に回るにしても一緒。

どれをとっても大変である。でもやりがいはある。

嫌々で勉強するのか、楽しんで勉強するのか。

人の思考は十人十色。どれが正しくて、どれが違っているという
ことはないし、どれが良くて悪いかもない。

自分の思考で変わってくる。

思考は現実化する ーナポレオン・ヒルー

 

< 村岡  沢山の趣味があってたいへんの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.09.14  欲求充足

人それぞれあると思う。欲求充足の方法が。

ある人は食べ放題で沢山食べることにより
満たされたり、ある人は運動をすると満たされる。
またある人はお酒を飲むことにより満たされたり。

欲求充足の方法は人それぞれ。

それはその人がイメージしていることにより変わってくる。

自分のしたいことをやって欲求を満たしていこう。


以前勉強会でしたいことを視覚で捉えると脳が錯覚を起こし
あたかもやった状態になるとおっしゃっていたがもう限界である。

あぁ、早く体を動かしたい・・・
飛び散るほど汗を?きたい・・・

 

< 村岡 サッカーに飢えているの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.09.06  過信

何事も過信は禁物とよく言われる。

備えあれば憂いなし と。

買い物に行くのであれば少しお金を持っていくか、
今回は見送るとか。

スポーツであれば、自分の体力はこのくらいだから
週どのくらい運動するとか。

痛みに関しても一緒。捻挫と思っていたら骨折していたり、
筋疲労で痛いと思っていたら肉離れだったり。

大事に至らないように大げさかもしれないが一度は
視覚で分かる検査などもしておこう。


  < 村岡 災害時の備えはしていないの巻 >

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.09.04  究極の鍛錬

以前、ジャッキーチェンがお椀を腕や頭、足に
乗せた状態をキープする鍛錬を載せさせて
もらった。

今回も同じくジャッキーチェンが映画などで
よく見かける逆立ちでの腕立て伏せを究極の
鍛錬として最終的にやろうと計画立てている。

実際やってみると全然ダメ。肘が曲がらず、へなちょこ
な腕立て伏せになっている。

無鉄砲にやるわけではない。人は日常生活の動作で
「引く」動作は多いが、「押す」動作が少ない。だからどうしても
トレーニングするときには腕を曲げるトレーニングを多くやって
しまう。

逆立ち腕立てトレーニングは両方を兼ね備えた究極のトレーニング
とも言える。しかも自重を使ってのトレーニングだから壊れない。

一番の究極は自重を使ったトレーニング。


< 村岡 ジャッキーに魅せられたの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.08.31  お供

久々の更新になってしまった。

最近の朝は以前ブログに載せたこいつで
始まる
DSC_0015.jpg

そうサッカーボール。

今思い出すと、小学校の頃から暇があれば
家でボールを蹴っていた。

当時は今みたいにフットサルが流行していなかったし、
ミニボールも特殊なものしかなかった。
使っていたのはクッション系のサッカーボールを蹴っていた。

今はサッカーも盛んになり、いろいろボールが増えてきている。
今使っているボールも本格的なもの。

ただ、難点が一つ。

現在、八千代市の中学校でサッカーを一緒にさせて頂いているが
毎朝小さいボールを扱うから、中学校に行ったときにボールがすごく
でかく見えてしまう。

そろそろサッカー公式球でも購入しようかな


< 村岡 ボールはトモダチの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.08.22  上質

昨日は上質な勉強会に参加してきた。
六本木に。

分からない道を不安ながらに歩いて向かっていた。

上質なお店に入った。以前から行きたいと思っていたところ。
勉強会の講師の先生がアドバイザーとして関わっている。
DSC_0094.jpg

 

  2012-08-21-18-03-33_photo.jpg

店内も上質な感じを受けた。テイクアウトをしたが、手持ちの袋もお洒落。


午後7時から勉強会がスタートした。

昨日も学びが深かった。どうしても早期に結果を出そうとすると相手の意向を
配慮せずに結果に結びつけてしまう。結果何も変わらない現状が起こる。

講師のデモ、グループディスカッションでも見られたのが 「待つ」こと。

そういえば、今月初めの職人塾でも同じことをいっていたなぁ・・・

学びはつながる。幹から枝を伸ばす大木のように学び続けると
大きな樹木になる。自分はまだ若木だけど。


< 村岡 六本木でセレブを味わったの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.08.17  自然

自然と近代文化の融合。

まさしくそんな感じだった。

自然は自然になるもの。自然を
作り上げると人工になってしまう。

人の体も自然に変化していく。
使いすぎれば摩耗するし、使い方を
誤れば壊れていく。

自然の中で生活していると自然に
生かされているのが分かる。

この自然をいつでも感じていたい。

日本に居ても、グアムに居ても。

 

< 村岡 野生が大好きの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.08.10  プロ

先日の勉強会の後の談笑会。

勉強会に参加している先生がプロの
合宿に参加してきた話をしてくれた。

プロのストイックさを言葉を通じて感じた。

現役の楽しさを。苦痛の後の快楽を。

現役で続けている三浦知良や中山雅史も
その域に達しているのだろう。

プロとして現役生活をずっと続けているから
達せる領域に居続けられる。

自分も医療のプロとしているわけだが苦痛
から逃れているところがあるかもしれない。
いや、あるだろう。


改めてプロの凄さを感じた小一時間。

そんな話に感謝。その領域を知ることができた
勉強会に感謝。

 

< 村岡 40歳になったらシニアリーグに参加の巻 >

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.08.06  抜く

昨日の柔道の練習での出来事。

中学生をグラつかせた!! その子は
毎回自由稽古を組ませて頂いてるが強い。

でも、昨日は大外刈りと見せかけて大内刈り
という組み合わせで技をかけた時にグラついた。

振り返ってみると、肩に力が今まで入っていた。
指摘をずっと受けていたが、昨日ようやく力が
抜くことができた。

今まで120%でやっていた。だからうまくいかなかった。
サッカーの時は100%でやれているから感覚が研ぎ澄まされ
見えないものも見rてくる。

120%でやってもうまくいかなかった。頑張りすぎているから。


< 村岡 あの人に勝てるかもの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.07.23  道

先日、中学校のサッカー総体八千代市予選の決勝
のトレーナーに行ってきた。

最後、閉会式で一人の先生の言葉が印象的だった。

サッカーをしていく人、サッカーで生計を立てていく人、
サッカーに携わる人、それぞれ自分で道を選んで進んで
いってほしいと。

自分自身も一緒だった。高校のころ怪我をしてうまくプレーが
出来なかった。大学でサッカーをやるか、サポート役に回るか
という選択があった。自分の選んだ道は後者。

トレーナーとしてサッカーに携わっているし、院所でもサッカーの
患者さんを診ているし。 そして何よりも実際にボールも蹴っている。

何がしたいのか。何をやりたいのかに尽きる。 自分自身の中高の同級生は
各自ボールを追い続けている。形を変えながらでも。


サッカー部の顧問先生のような言葉が後世にも出て行けばサッカー問わず
スポーツがより楽しいもの、素敵なものに変わっていくと思う。

 

< 村岡 三度の飯よりもサッカーが好きな巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.07.14  開幕

今日から3年生にとっては最後の大会、

全国中学校総体の市予選が始まる。

当院がある八千代市は学校数が少なく
市大会を勝ち上がって県大会に行けるのは
1校のみ。

3年生だけではなく、チームのみんなで頑張って
欲しい。

当院も毎回大会にはトレーナーとして帯同させて
頂いている。

自分たちの役目は選手が最高のパフォーマンスで
試合に臨めるようにサポートすること。選手の保全
等。

今年もまた熱い夏が始まった。

http://www.yachiyo.ed.jp/kyouiku/hotai-ka/youkou/24/natsu-soccer.pdf


< 村岡 自分もフィールドに立ちたいの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.07.13  変動

気候が変動すると体も変動してきます。

難しく言うと体内の酸塩基平衡が崩れる。
体の内圧と外圧のバランスが崩れる。

痛みも訴えやすいし、体も浮腫んできやすい。
症状が悪化をしているわけではなく、体を取り囲んでいる
膜が弱くなっている状態です。

体を安定させるには外に向かっていくものを体の中心に
集めるようにすると安定しやすいです。

方法は梅雨の中休みの晴れ間、雨が弱くなったとき、
雨上がりにウォーキングをすることです。

普段事務関係、ドライバーなどで座っていることが比較的
多い人は歩くといいかもしれません。

これから暑くなってくるとますます歩くこと、外に出ることが
少なくなると思いますのでこの時期に歩いて体感してみましょう。

 http://www.yurinoki.jp/020/030.php

< 村岡 今日はまじめな日記の巻 >

 

 

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.07.11  目線

自分目線なのか。相手目線なのか。

自分目線であれば、自分の仕事範囲を
行う。説明も今目の前にしているものだけ行う。

相手目線であれば、この人は何が必要か、若しくは
これもあれも必要なのかもしれないだから伝えてみる
必要か不必要かは本人が決めるだけ。

両方とも手間はかかる。相手に手間をかけさせるのか、
自分の手間をかけるのか。

必要なときはまた来るという選択も必要になってくる。
でも、一度で済ませられればまた来るという必要性も
なくなってくる。

プロの仕事をしているのか、またはこなす仕事になっているのか。

プロの目線でいこう


 < 村岡 公務員は苦手の巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.07.09  ご指導

先日も柔道へ行ってきた。

とにかく難しい。昨日も色々ご指摘を
頂いてきた。

中学生にも投げ飛ばされてきた。

肩の力を抜く。中々抜けない。
相手を崩して懐に入る。入れない。

自由稽古で有段者と組ませて頂いた。
中々動かない。動かそうとすると投げられる。
構えていても投げられる。

難しい・・・

スポーツは色々やってきたが難しい。

日々精進するのみ


 < 村岡 大外刈りを習っているの巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.07.02  始めました

冷やし中華ではない。日本の国技。

DSC_0022.jpg

昨日から早速開始。

全然ダメだった。コテンパに投げられた。

早速筋肉痛。でも、学びも深かった。

まだまだ自分の鍛錬も甘かった。

柔道整復師のプロとして鍛えよう。
自分を痛めてつけていこう。
負荷を掛けていこう。


< 村岡 白帯の巻 >

 

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

2012.06.27  久しぶり

台風や梅雨独特の雨で中々行けなかった
フットサル。

昨日行ってきた。毎朝リフティングはやっているが
フィールドを駆け回るのは実に3週間ぶり。

自転車をいざ乗ろうとしたとき、ブランクはあっても
乗れる。昨日はそんな感じだった。

ボールを扱う技術、パスなどは衰えはなかったが
体力があっという間に落ちてしまった。

2時間やってきたのだがクタクタになった。

やはり運動は定期的にやらないといかんと
感じた。

早く梅雨が明けますように・・・


< 村岡  減量に挑戦中の巻 >

投稿者 ゆりのき接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)